伊豆網代温泉観光ナビ−網代温泉観光協会 南熱海網代温泉旅館協同組合 公式サイト facebookページはこちら
お問合せ HOME
 
 
網代へようこそ 網代に泊まる 網代で食べる 日帰り温泉 網代へ行く 無料宿泊券
網代観光マップ 文化と歴史 ハイキング 網代レジャー 周辺観光 ゴルフ場 年間イベント
文化と歴史を探訪
のどかで懐かしい風景が広がる網代港。松並木が波静かな長浜に風情を添える多賀。文化の香りを訪ねてみませんか。 文化、歴史イメージ
網代・多賀 文化と歴史 散策マップ
網代・多賀 文化と歴史 散策マップ

▲pagetop

網代 観光スポット
1網代駅
網代駅
昭和10年伊東線の開通時に建てられた駅。当時は網代港に水揚げされた鮮魚を輸送するための貨物専用ホームもありました。良質の温泉が各所から発見されると、一躍温泉観光地となりました。南熱海温泉の玄関口となっています。 2月見ヶ丘公園
月見ヶ丘公園
園内にある馬頭観音は、天正18年豊臣秀吉が小田原攻めの時、此処に仮の城をもとめ里人より軍馬を徴発し、その愛馬の武運長久を祈願し建立されました。
しかし、元禄元年(1688)辰の満水という大洪水により流失され、そのままとなっていましたが、昭和32年に地元有志により再建されました。
3ひもの銀座
ひもの銀座
網代の町に熱海側から入った所が片町。山側に沿って片側に町並みが続くここは、通称「ひもの銀座」。アジ、イカ、イワシなどの干物を売る店が軒を連ねています。主に網代港で水揚げされた魚を、昔からの手作業により作られた干物を販売しています。 4網代魚市場
網代魚市場
網代沖で漁れた魚を中心に水揚げされます。朝7時頃から始まる魚のセリ市。少し早起きして散歩がてら見学してみると、威勢のいい声が聞こえてきます。
5網代漁港
網代漁港
海上釣堀「大公望」
TEL:0557-67-8030
筏釣り東海
TEL:0557-67-1611
江戸時代には廻船港、近年は近海漁業基地として繁栄した、漁師町の雰囲気が色濃く漂う静かな港町。つりや散歩には最適です。沖を見ると、四角い筏が浮かんでいるのが目に止まります。この筏で鯛やハマチ等の高級魚を養殖し出荷しています。筏の一部が釣堀(有料)として開放されており、手軽につりの醍醐味を味わうことができます。

6網代観測所
網代観測所
昭和12年に網代湾が一望できる、海抜約70mの高台に建てられた網代観測所。伊豆東部の気象や地震の観測を行っています。位置は北緯35度02分、東経139度05分。(無人)
7石丁場跡
石丁場跡
江戸城増改築のための石垣用の採石場跡。大石を割るのには、石に矢穴を掘って堅い木や鉄の楔(V字型)をその穴に打ち込んで割りました。この大石からもその様子がうかがえます。 8朝日山公園
朝日山公園
網代中学校から坂道を少し上がると眺望のすばらしい朝日山公園があります。遠くは房総や真鶴半島、初島、多賀・網代湾が一望できます。
9長谷観音堂
長谷観音堂
この長谷観音は大和と鎌倉の長谷観音と同じ木から行基が3体作ったといわれており、故に一木三体観音と伝えられています。始めは海岸の屏風岩の洞窟に安置されていましたが、善修院の開祖が現在の所にお堂をたて安置しました。 9隠山亭阿たるの
   句碑

隠山亭阿たるの句碑
隠山亭<いんざんてい>とは、網代に縁故のある秦中仲<はたなかちゅう>のことで、地理に詳しく江戸時代の郷土史「豆州志稿」を秋山富南とともに完成した人で、網代で余生を送りました。「神ととも高天原におくらるる」と、辞世の句が刻まれています。
9三十三体観音像
三十三体観音像
竹林に囲まれた広々とした境内の右側中段に観音像が三十三体、一列に安置されています。一番奥寄りの自然石には「奉納経西国三十三所供養塔」と刻され、また、仏の像を刻した供養塔二基があり、寛政3年(1791)と刻字されています。 9呑吐居士碑
呑吐居士碑
灯明台復元跡の脇に自然石に呑吐居士<どんとこじ>の石碑があります。呑吐居士は、江戸時代、熱海地方に俳諧を広めた人です。
「散る時は、はてしれなくて秋の月」「天明元宇己仲秋」と辞世の句が刻まれています。

▲pagetop

多賀 観光スポット
1伊豆多賀駅
伊豆多賀駅
昭和10年伊東線の開通時に建てられました。熱海有数の桜の名所です。駅前広場から海岸までの桜坂は見ごたえがあります。
桜の見頃は3月下旬〜4月上旬。
2戸又港
戸又港
多賀の漁港で、観光客の釣船や熱海高校のヨット部の基地でもある戸又港。砂浜の続く多賀湾の唯一の港で、江戸時代には江戸城築城用の石や年貢米などが積出されました。
3千人石
千人石
江戸城築城用の石として、上多賀の山中より切出し、船積みの際に、海に落ちた石と思われるもの。この石は、千人もの人で引かなければ運べなかったことから、千人石と呼ばれています。 4長浜海水浴場と
   松並木

長浜海水浴場と松並木
正保2年(1645)松平伊豆守信綱が伊豆一帯を巡視した際、防風林として植えた松並木が続く長浜は、夏は海水浴場として賑わいます。現在人工海浜として海岸整備が進められています。
5秋葉灯籠
秋葉灯籠
火伏せの神、遠州秋葉山への秋葉講が多賀にもあり、火を大切にする心、火の恐ろしさを忘れてはならないという秋葉神社に対しての信仰から、この灯籠が奉納されました。もとの位置はここより南250mの所にありました。 6与謝野鉄幹・晶子
   歌碑

与謝野鉄幹・晶子歌碑
昭和9年多賀村の知人を訪れた与謝野鉄幹・晶子夫妻は、ここで数首の歌をよみました。その歌碑が多賀中学校校門前にあります。

「ここに見る多賀の海原広ければこころ直ちに大空に入る」鉄幹
「棚作り臙脂の色の網をかく多賀の磯より中野浜まで」晶子
7小山臨海公園
小山臨海公園
海に面したスポーツ公園。園内には体育館、テニスコート、芝生広場のほか、多賀湾を一望できる展望台「マリンタワー」もあり、四季を通じて楽しめます。入口付近には、「はるばるときて伊豆の山なみ夕焼くる」と刻まれた山頭歌の句碑が建っています。 8大縄海水浴場
大縄海水浴場
日本で最初にできた人工海水浴場として昭和44年5月に完成しました。海水浴場に面した緑地には、明治における近代的軍隊の創始者山県有朋の歌碑があります。

「飛魚のおともかすみて綱引するあじろの浦の春の夕凪」
9頼朝の一杯水
頼朝の一杯水
源頼朝は伊豆の配所の蛭ヶ小島で、この地を中心に流人として二十年を送りました。頼朝の有力な目付役である伊東祐親が、中央権門の番役で3年程京都に上っている間に、祐親の娘、八重姫と頼朝との間に千鶴丸と呼ぶ男子が生まれました。帰郷しこれを知った祐親は平氏への聞えをおそれ、千鶴丸を滝に捨て、頼朝を殺そうとしました。頼朝は危難を逃れ伊東を脱出し、伊豆山へ逃れる途中、険しい山路を登っていくと喉が渇ききってしまいました。頼朝は従者に「水はないか」と聞くと「この上に5・6本の梅の木が見える、あそこまで行けばきっと水があるでしょう」と答えました。頼朝はそれに力を得て山路をよじ登りましたが水はありませんでした。がっかりして腰をおろした時、腰に差していた刀の鐺が土に当るとそこから水がにじみ出てきました。そこを掘ると、清水がこんこんと湧き出し、その水で喉の渇きをうるおしました。

▲pagetop

芸術・文化 散策スポット
1TAGA陶房
TAGA陶房
豊かな自然に囲まれたこの陶房で、楽しみながらモノを創る、そんなアートなスタジオです。陶芸の体験コースもあり、誰でもモノを創る喜びを感じる事ができます。

受講時間:予約制
受講料:有料
TEL:0557-68-2232
2アトリエ ミサワ
アトリエ ミサワ
アトリエの横の公園には、かわいらしい動物の彫刻をはじめ、石と金属、大理石と樹など、異質の素材を組み合わせ創り出された作品が並んでいます。エネルギーあふれる空間を感じてみませんか。

開館時間:予約制
TEL:0557-67-0633
3戸田幸四郎絵本
   美術館

戸田幸四郎絵本美術館
自然や人間の心をテーマにした名作絵本集や赤ちゃん絵本に至るまで展示された原画から、戸田幸四郎の思想が伝わってきます。人々の心がいやされる時間と空間を存分に楽しんでください。

開館時間:10:00〜17:00
休館日:毎週火曜日
入館料:有料
TEL:0557-67-1107
   

▲pagetop

HOME
 
  Copyright 2006 AJIROSPA. All Rights Reserved.

お問合せ先
網代温泉観光協会 TEL:0557-68-0136
南熱海網代温泉旅館協同組合 TEL:0557-68-0140

 
頼朝の一杯水 戸田幸四郎絵本美術館 アトリエ ミサワ TAGA陶房 千人石 戸又港 長浜海水浴場と松並木 秋葉灯籠 与謝野鉄幹・晶子歌碑 小山臨海公園 大縄海水浴場 長谷観音堂、隠山亭阿たるの句碑、三十三体観音像、呑吐居士碑 石丁場跡 朝日山公園 網代魚市場 網代漁港 網代駅 網代観測所 ひもの銀座 網代駅 月見ヶ丘公園 伊豆多賀駅